ノーローンの審査も勤務年数が重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても自分の提案を応募したい事業がありました。しかしそれに気づいたのもそういったことがあるのも、募集期限を1週間ほど過ぎた時でした。

それは自分の提案小論文を提出して、それの審査がありそのメンバーに入れるかどうかというものでした。それも一般企業ではなく、公共のものの応募でした。

どんないい提案をしても絶対に期限を守っていない、ということは審査の対象外なのは重々承知していました。しかしどうしてもそれに挑戦したいという気持ちが収まらず、自分の意見を送りました。

約1週間過ぎたあたりに文章が帰ってきました。正直文章を返してくださったことにびっくりしました。その文面はやはり募集期限を過ぎていたので審査の対象外ということでした。

しかし私の作成した提案に目を通しており、それについてのコメントを記載していてくれました。当たり障りのないどんな文章にも対応できる文面ではなく、私の提案を読んだからこそ言える意見でした。

審査の対象外になってしまって結果残念でしたが、それを出した自分自身の意味と読んでもらえたことは、努力の結果は報われていると思います。なので結果よりもその頑張った過程を大事にする必要があるかなと思います。

例えばキャッシングのノーローン審査のようなものでも結局は勤務年数など働いてきた過程を確認されているという意味では同じだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。